硝子体注射

硝子体注射

視力低下の元となる黄斑浮腫は網膜下におこる新生血管の増殖・成長や、網膜内の毛細血管から漏れ出す血液成分によって引き起こされます。薬剤を眼内に注射することで、新生血管や血管成分の漏れを抑制する新しい治療法です。

硝子体注射とは、眼球に直接行う注射のことで、糖尿病網膜症や加齢性黄斑変性、強度の近視などを治療するために行っています。これらはいずれも眼球内の血管に異常が発生している病気であり、原因となる物質の作用を抑える「抗VEGF薬」と呼ばれる薬剤を注射することで症状の緩和をめざします。

眼球に注射をするというと怖い印象をもつ方も多いでしょう。ただ、注射は目の横側からするようにしていますので、ほとんど注射針は見えません。手術は当院の手術室で行い、当たり前のことではありますが、注射の際は使い捨ての手袋を使用し、感染症を防ぐために衛生管理に努めています。

 

硝子体注射が有効な病気

  加齢黄斑変性症

 近視性脈絡膜血管新生

 網膜静脈分枝閉塞症

  網膜中心静脈閉塞症

 糖尿病網膜症

 

注意事項

雑菌が入らないようにするため、基本的に入浴や洗顔は不可です。
眼帯を外さず、顔に水がかからないように首から下のシャワーを浴びることは問題ありません。洗顔の代わりに濡れタオルで顔を拭く際には、目の周囲を避けて下さい。

また、眼帯をしているため立体視ができず距離感がつかめないことから慎重な行動をお願いしています。お車やバイク、自転車などの運転は避けて下さい。

 

お気軽にお問い合わせください。089-926-6800受付時間 9:00-17:30 [ 日・祝日除く ]