日帰り白内障手術

白内障

当院では日帰りの白内障手術を行っております。白内障は、眼球の中にある水晶体が白くにごってしまう病気です。水晶体はカメラのレンズの役割をしているため、にごってしまうと視界がかすむ、視力が低下するなどの症状があらわれてきます。そのため、当院は視力検査や細隙灯(さいげきとう)検査、眼底検査などで調べ、白内障はもちろんのこと、それ以外の病気にも注意をはらいながら検査を行います。もし、症状があったり特定健診で指摘されたりした場合は、そのまま放置せずご相談ください。

 

白内障の症状

白内障が疑われる症状として、全体にかすんで見える、光をまぶしく感じる、眼鏡を作りかえてもよく見えない、老眼だったのに近くが見えるようになったなどがあります。白内障によって水晶体が白く濁ってくると外からの光が遮られて網膜に届かなくなり、「視界が霞んでくる」「光を眩しく感じる」「暗い所と明るい所の見え方が違う」「視力が低下する」といった症状が現れます。 視力に影響が出てきたら手術を検討する時期だと言えます。

 

薬剤による治療

白内障と分かったらすぐに手術をしなくてはいけないと思われがちですが、普段の生活に支障がなければ、すぐに手術をする必要はありません。ごく初期であれば点眼薬で進行を遅らせられる場合があります。ただし、点眼薬で水晶体の濁りをなくすことはできません。白内障があることが分かったら、定期的に受診して検査を受けましょう。

 

手術による治療

白内障が進行し、視力の低下が著しい場合の有効な治療法は手術です。今おこなわれている最も一般的な手術の方法は、水晶体超音波乳化吸引術および眼内レンズ挿入術といい、特殊な超音波の器械で濁った水晶体を細かく砕きながら吸い出したあと、眼内レンズという小さなプラスチックのレンズを埋め込みます。症状にもよりますが手術に要する時間は5~10分程度となっています。

 

お気軽にお問い合わせください。089-926-6800受付時間 9:00-17:30 [ 日・祝日除く ]