多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術が先進医療から除外されました。

令和2年4月より、多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術が先進医療から除外されました。
これにより、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は、加入されている医療保険や医療治療保険などの適応が出来かねますのでご了承ください。

※手術は引き続き行っておりますので、白内障手術をご検討されている方はお気軽にお問合せくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です